FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年10月 11日 (日)

 東京農工大学OB管弦楽団第21回演奏会

P1000001091011.jpg
楽器運搬のお手伝いを引き受けましたので7:30に自宅のすぐ近くの大学のサークル棟に集合致しました。

2週間前のホールでの練習と同じようにコントラバスを1台積んでのお手伝いです。

手際が良すぎて7:45には積み込み完了、8時前には全ての楽器がホールへ到着でございました。
本番まではまだ1時間の余裕であります。運搬の親方の差し入れの朝食を食べてもまだまだ時間を持て余す運搬メンバーでした。あまりの天気の良さに、室内で音楽を奏でるのが勿体ないほど・・・。

8:30頃から段々とメンバーが集まり始め、8:55にホールの搬入口が開き運搬開始。

予定通りに9:30からは本番前の最後のリハーサル。

ちょっと、時間をオーバーして12:20頃にリハーサルが終了。

用意された弁当を食べて、着替えをしていよいよ本番でございます。

さて、本番は大きな瑕疵も無く(と云うのは小さな破綻は有ったと云う事でもございますが)無事終了致しました。
それにしても、毎回感じますが半年かけて造り上げてきた音楽も本番は何とあっけなく過ぎていくものでしょうか。

快晴の連休の中日にも関らず、わたくしどもの演奏会に足を運んで下さった方々には心より御礼申し上げます。

昨年の演奏会でご来場者数が初めての800名を超え(801名)ましたが、今年はそれを上回る824名の方々にご来場戴いたとの事で、有りがたい事でございます。
「展覧会の絵」はまだしも、「シベリウス交響曲第1番」と云う聴きなじみの薄い曲でしたので集客を疑問視する声が団員の中に有ったのも事実かと思いますが、思った以上に多くの方々にお聴きいただきまして本当に有難うございました。
演奏会の後は搬出運搬のお手伝いでございました。

ご近所に住むコントラバスのお嬢さんの楽器を積んで、彼女の住むマンションまで運び・・・。

自分の車を車庫にしまってから、自宅から昨日買った「越乃寒梅・特撰」の一升瓶を携えてちょっと遅れてレセプションへ。

自分で持ち込んで云うのも何ですが、うんめぃお酒でありました。(笑)

その後、ラッパの先輩がタクシーを奮発して下さって二次会へ移動。

同じ車で移動したメンバーで二次会をフライングで始めて、その後はエンドレスの二次会とお開きの後はそのまま同じお店で朝まで三次会でございました。
スポンサーサイト



posted by ひで at 17時15分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<広報活動その4 | ブログトップ | 「越乃寒梅」特撰>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索