FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年12月 12日 (土)

 私をスキーに連れてって(DVD)


昨日の記事にしたDVDと一緒に買った物です。「Amazon」で3,150円の定価3割引きの2,205円でした。

何度も見て、今更DVDを買う事も無いかと思っていましたが値段の安さにつられて「クリック」してしまいました。(笑)

1987年の封切で、同年の年末から翌年のバレンタインデーまでの想定のはずですが、ちょっとした矛盾と云うかおかしいと思う処がいくつか・・・。

自分のスキー滑走の記録によると、1987年と今年2009年は同じ曜日の配列。したがって、最初のスキーの日程は「クリスマスイブ」の晩に「焼額」で滑っている様かと思われますが、その年の12月24日は今年と同じく木曜日であり、木金で行ったとなるとその後の話に関して日程が足りません。

第3土日で行ったのであれば、その後の月曜日に「矢野文男: 三上博史」が出社した際に「田山雄一郎: 田中邦衛」が「サロットの発表会」が2月14日に決まったのと云う事と、その晩にたまり場「 Zephyr-Inn(ゼファーイン)」で「泉和彦: 布施博 」が「池上優: 原田知世」へ(2度目からは矢野が自分で)電話を掛け、その後にその電話番号が嘘の番号だった事が判明し、翌日火曜日に見積書の間違いで常務に呼び出された矢野が優と偶然の再会をする、その晩に「 Zephyr-Inn」で泉・「小杉正明: 沖田浩之」「佐藤真理子: 原田貴和子」「羽田ヒロコ: 高橋ひとみ」の4人が出来あがった写真を見ている処へ矢野が現れ、「聖心のゆみちゃん」を「オタク風の長谷川君」に押し付けたものではないかと思われます。(土日で行ったのならば、これは、月火で無くてその週の内ならいつでも良いのですが・・・)
ヒロコが保険の外交員に扮して安宅物産に乗り込んできて、優と矢野を引き合わせようとするシーンでの矢野のデスクの卓上カレンダーは「28日(月)」となっているので、19・20日で行ったとすればつじつまが合うように思います。

24日に行ったとすると、26・27日は土日で20数年前と云えども総合商社「安宅物産」は週休二日で休みだったはずですので、土日の間に話が進まないと28日のヒロコ訪問に間に合いません。

ただ、常務に呼び出された時に「課長:小坂一也」が「またスキーに行っただろう、この暮れの忙しい時に」と云う言葉がちょっと気になりますが。(土日に行ったのなら云われまい、24日を休んだから云われたのか?)

万座の「ユキハウス」から志賀へ向かう矢野が、自分の車のフロントガラスから雪よけの布を取ってから、車内か宿内にしまわずに放ったままって変じゃないですかね。

それから、最後の「サロットカップ」が行われた2月14日は日曜日であり、夕方遅くまで滑っている事や真理子・ヒロコが宿に帰って来たところでビールを呑もうとしている辺りがおかしくないですかねぇ~?日曜日も泊りの予定だったのか?
それに、田山の部下からロッジ(志賀高原ロッヂか?)に電話が掛って来たのが16:30で、その後に無線通信を試みて通信出来ずに真理子とヒロコが車で万座へ向かい、優が出かけた時にはまだリフトが動いていたとしても矢野が出かける時にリフトが動いているとはおかしくないか?ましてや、それを追いかける泉と小杉がリフトに乗ったとすれば、それは何時だったの?

映画って、こんな事を考えて観てはいけないのかな。

明後日(2009年12月14日)の21:00からNHK衛星第2で放送されますので、ご覧の上ご意見戴ければ幸いです。(笑)

今シーズンは22年ぶりに「とりあえず!」を掛け声に記念写真でも撮りましょうか?(笑)
スポンサーサイト



posted by ひで at 21時36分  [スキートラックバック(0) | コメント(7)
<<「BCライブガイド 第2集」 | ブログトップ | 思い出の名演奏~1988年パリ・オペラ座管弦楽団日本公演>>

コメント

矢野ちゃんはその後・・・

矢野ちゃんは優ちゃんとゴールインしたんですかね?
オタクの長谷川君は今どうしてるんでしょうね?
真理子とヒロコは志賀で放り投げた缶ビールを、万座で飲んだんですかね?
ボコボコのセリカGT-FOREは修理したんですかね?

posted by のぶ URL at 2009年12月14日 21時03分 [編集]

メール見てこの書き込みをしています。
今始めてみました。
失礼しました。
今から、大野言って、敦賀まで走らないかん!
posted by 周三 URL at 2009年12月15日 10時53分 [編集]

矢野ちゃん

「彼女が水着に着替えたら」に依ると、その後4月の異動でアフリカへ転勤になったとか?

長谷川君はたぶん「ゼファー・イン」の近く「東海大学医学部付属東京病院」の研修医で、ゆみちゃんと意気投合した筈です。(笑)
(ゼファー・インと東海大東京病院はすぐ近くです)

真理子とヒロコが飲み損ねた缶ビールは、車がひっくり返った時にどこかへ行ってしまいました。

腹をみせた車は実は4駆では無いと云う指摘が有ります。ひっくり返ったシーンを観るとFF車に見えるとか?

上記の本文に関して、考え直しが有ります。

やっぱ、最初に行ったのは23日の晩から24日に掛けてかなと思うようになりました。
25日は滑らずに朝に現地を出て、矢野ちゃんは午後からの出社なので皆が仕事をしている処を隠れる様に「スポーツ部」へ板を返しに行き、田山には「こんにちは」と挨拶しています。
それに、田山は「今朝決まったんだ!」と云い「サロット発表会」の件を矢野に話しています。
22年前は「完全週休二日」では無く、年末の26日は出社日だったと思えば、常務に呼び出されたのが26日ではないでしょうか?
それに、矢野と優が付き合う様になって「花水木」の前で待ち合わせしてからデートのシーンは、二人の服装からして会社帰りの様な気がします。まだ外が明るいうちに食事をしているので「半ドン」の土曜日だったのではないのでしょうか?

12月24日に滑りに行ったのは小杉君のバイク屋の定休日だったのか?
泉君は医師なので休みは不定期だろうし、そんな訳で中々休みが合わずに年末年始の後が「バレンタイン」っだったのかも知れません。

ただ、気になるのはやっぱり「最後にリフトに乗った時間」であります。16:30に「万座」からの電話受けた後で真理子とヒロコがGT-FOURで出発した後で優がロッジを出たのは17時5分前位。
もし、第1リフトには乗れたとしても、横手の第1は9分29秒も掛るので第2は止まっているはず。(2月半ばの日の入りは17:20頃ですから)

それから、万座へのコースを滑って道を外した処で矢野が「いっけねぇ~、月の方向に出ちゃったよ!」って云うのがおかしいという話もお聴きします。
88年2月14日長野地方の「月の入り」が13時ころで有る筈なので夕方から夜に掛けての時間には月は出ていないらしいです。
posted by ひで URL at 2009年12月15日 22時25分 [編集]

そんな細かく分析されると、「ホイチョイプロダクション」も困りますよ。
長谷川君は「医者?」なんですか?
「東海大学医学部付属東京病院」には行きたくないないですね。
「課長:小坂一也」がxxxした庶務のOLは今どうしてますかね?
posted by のぶ URL at 2009年12月15日 22時48分 [編集]

長谷川君

T大病院とゼファーインがともに首都高代々木PAの近くにあったので、長谷川君の話しはわたくしの創作でございます。(笑)

もしかしたら、泉医師もT大病院の外科医だったのか?

課長に×××された庶務のOLさんは、その後退職致しました。
しかし、その一件を上司に話して辞めたので、課長は「軽金属部第1営業課」の課長から、「総務部用度係長」に降格されました。(笑)

矢野ちゃんが26歳にして「ガレージ」付きの家に住んでいるのはおかしい。と云う話を聞きますが、あの家は彼の一人住まいでは無く、50歳代後半の父親が持つ家で両親と同居です。
ですから、12月23日の昼間には母親が車を使うのでタイヤの交換は出発直前な訳です。
一人で使う車なら、事前にタイヤを交換しているのが普通です。
ガレージから出て、そのまま走り去っていけるのは独り暮らしではなく、家族が車庫を閉めてくれるからです。

以上、「酔いどれ、わたスキレポート」でございました。(笑)

それは違うよ、ってな反論がございましたら、是非奮ってコメントを下さいませぇ~!
posted by ひで URL at 2009年12月16日 22時56分 [編集]

矢野ちゃんが出発当日「ガレージ」でタイヤを替えているシーンの横に、「MARIKO」と書いてあるレースで使うサインボードあります。あの場所は真理子さんがレースカーを保管する為のスペースで、仲間内が自由に使う事の出来る場所だと思いますが。たぶんお金持ちの泉医師が借りているガレージだと思います。
タイヤを交換してすぐエンジンを掛けますが、アイドリングが低いです。それはどこか別の場所から走ってきてタイヤを交換(たぶん20分位か?)しか経っていないためです。冷えているエンジンならアイドリングがもっと高いはずです。だからあそこは自宅ではありません。
posted by のぶ URL at 2009年12月16日 23時27分 [編集]

泉宅?

泉医師が電話を掛けながら「オペ」をするのは、父親が経営する病院だから出来るのかな?
いくら何でも、26歳の新米医師があの態度では普通の病院では「クビ」でしょう。

ですから、彼は父親の経営する病院に所属する外科医だと思います。
すなわち、あのガレージは「泉家」の物で皆のたまり場となっているのでしょう。
泉家の人がいるので、ガレージを閉めずに矢野ちゃんが出発出来た訳です。
「サロット一式(6人分)」も、矢野ちゃんが安宅物産から泉家へ宅配させたのだと思います。

こんなので如何でしょうか?
posted by ひで URL at 2009年12月17日 21時36分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<06月 | 2020年07月 | 08月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索