FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2010年01月 21日 (木)

 今期17日目「志賀高原スキー場」


一昨日から始まった高校生のスキー修学旅行も今日が最終日となりました。

昨日までの晴天と打って変わって朝から雨降り、テンション下がりまくりです。しかしながら、第1リフトを降りると霙に変わりました。

疲労がたまって急斜面には行きたくないと生徒さん達が云うので第5へ移動。いきなり第6は自信がないとの事でしたので第5を一本滑り、次は第6を登りました。第6をもう一本滑った後で第1を登って午前中は時間切れ。

午後は第2を滑りたいと云いだしたので第2を2本滑った処で、3回目の第2リフトの上で班長から「トイレへ行きたい!」。
ラフォーレでトイレを借りようかと思って下りましたが、ラフォーレ泊のお客でレストランが満員との事でトイレさえ貸してもらえませんでした。
奥の手は2件下のお宿へ下らせ、志賀高原で一番綺麗なトイレに導きました。

おばあちゃんに「お茶でもあがっていきなさい」と云われて生徒さんとお茶を戴きブレイク。お茶を戴いた生徒さん達がおばあちゃんにみんなで「ご馳走様でした!」

最後に第5を登って第6を2本滑って終了致しました。

閉校式を15:45から執り行い、その後に17:00からは「熊の湯ナイター」。

昨日は3本しか滑れなかったナイターでしたが、一番乗りしたのとみんなが上達したので1時間で6本も滑れました。ナイターゲレンデの正面も降りれる様になって彼女らは自信を持ったと思います。

沢山滑ったので残り10分を持って終了、宿屋へ一番に帰還致しました。

班長が記入する帰還を記すホワイトボードには「はな○」で「トップでゴール」との嬉しそうな文字。

最後にメンバーみんなと「ありがとう」と握手。

「先生有難う」と云った生徒さんを班長さんが遮り「師匠」と云いましょう!

嬉しいかぎりでございました。

楽しく滑って上達してくれた生徒さん達に感謝です。
スポンサーサイト



posted by ひで at 20時40分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<今期16日目「志賀高原スキー場」 | ブログトップ | 今期18日目「志賀高原スキー場」>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索