FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2010年02月 04日 (木)

 今期29日目「志賀高原スキー場」

京都の中学生の修学旅行の最終日は昨日と同じく朝から雪降りでした。

滑れる2人が上級班へ移動したために今日は6人です。「昨日まで助けてくれた2人がいないから、転ばない様に転んだら自分で立つように頑張るんだよ」と云って出発!

雪が降っていましたが風は無いので今日は山頂へ連れて行くつもりでした。第1、第2と乗り継いだ処でまだ第3が動いて居なかったのでとりあえず第2を滑る事にし、昨日は道路を下った上の迂回路は通らずに第2の廊下からゲレンデへ下らせました。一番の元気娘を先頭に間をおいて滑らせて、わたくしは後ろからついて行きました。何人か途中で転んでも自力で起き上がって滑りだせるようになりました。

その下はトレーンで下って再び第2リフトへ。途中から第3が動いているのが見えたのでリフトを降りた処で「上へ行くよ!」と云うと皆が元気に「はい!」。
山頂はガスがかかって景色は見られませんでしたが「ここが2305m」と云うと「うちら、凄い処に居る!」と喜んでいました。林道で渋峠へ下ろうとしたら圧雪が入っておらず、わたくしの板も雪に取られて外れました。
それを見ていたピステンさんが先に下って行ってくれたので、その後を追って渋峠へ。

2010_0204_101310-P1000007.jpg
渋峠ホテルの壁を見て「うちら、群馬県に来た!」って、これまた喜んでくれました。まだ他の班が来ないうちに渋峠のリフトに乗って、渋峠を一番で滑り降りました。

2010_0204_103516-P1000008.jpg
インディー君と遊んで、トイレをお借りしてから横つりで第2ゲレンデへ、下まで降りて午前の部は終了。

午後は晴れて来たので、午前中に山頂へ登って居ない班が続々と第3を登って行きました。我が班は疲れている一人が「山頂へは行きたくない」と云うので第2を滑る事に致しました。
しかし、1本滑って第2の乗り場へ行くと他の学校の生徒さん達で大混雑。そこで第2を降りた処で「ここは混んできたから上へ登ろう!」と提案すると、行きたくないと云っていた生徒さんも「はい!」って云うのでもう一度山頂へ。

展望台へ登るとちょうど写真屋さんが居たので、笠岳をバックにと2305mの看板をバックに記念撮影。トイレを済ませて渋峠へ出発しようとすると見周りのインストラクターから「今から渋へ下って閉校式に間に合いますか?」と問うので「まだ1時間10分有るので十分です、午前中も渋峠行って来ましたし」と応えて「さぁ、行くよ!」

林道下りが楽しいらしく、「リフト乗り場で待っててね!」と云うと嬉しそうに先に下って行きました。後ろで遅い子の面倒を見ながらリフトまで下り、渋峠のリフトで横手山頂へ戻り、キングコースを滑りました。途中、急斜になる処で一旦停止させながらトレーンで下ると誰一人転ぶ事無く第2の降り場が見えるジャンボとの分岐へ到着。

「うちら、転ばんで降りてこられた!」と大満足の様子。「この先は何度も滑った処だから大丈夫だよね!」と問うと、「もちろん!」と自信満々。

「下まで降りて終了だよ!」と云うと、「まだ時間あるでしょ!」とまだ滑り足りない様でした。

「みんなが転ばずに滑れればもう1本くらい行けるかな?」と応えると、一番の元気娘が「転ばんと行こう!」みんなにはっぱを掛けて出発。
第2の乗り場で閉校式までまだ30分を残していたので「よぉ~し、もう1本行こう!」と云うと「やったー!」と歓喜の雄叫び!

最後はスピードの遅い班の間をすり抜けてトレーン、「うち、滑っとるや!」「スキーおもしろいなぁ~!」「また滑りに来たいなぁ~!」「帰りたくない!」と口ぐち嬉しい言葉を云ってくれました。

閉校式の前に「みなさん、お疲れ様でした。みんなが協力してくれたのでまとまって上手になりました。仲良く楽しく滑ってくれて有難う!」と生徒さんにお礼を云いました。
生徒さん達から「先生のお陰で滑れるようになりました、有難うございました!」と嬉しいお言葉。「また志賀高原に滑りにおいで!」「春休みに滑りに来たいなぁ~!」などと言葉を交わしてから閉校式へ。

元同じ班だった仲間が上級班でデモ滑走するのに拍手を送って、閉校式を終えて三日間が終わりました。




スポンサーサイト



posted by ひで at 19時58分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<今期28日目「志賀高原スキー場」 | ブログトップ | BLIZAK REVO GZ>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索