FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2010年08月 08日 (日)

 若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」

2010_0808_175932-DVC00055.jpg
山歩きの後、隊長は零戦32型の作成の続き。Kn5氏と二人で奥志賀の「森の音楽堂」まで行って来ました。

2010_0808_144820-DVC00053.jpg
森のオーケストラ~金管アンサンブルの響き~ 15:30開演。

弦楽アンサンブルや声楽は多く取り上げられてきたこの室内楽勉強会で「金管アンサンブル」は25年目で初めてだそうです。

演奏曲目
(金管五重奏)
J.チータム:スケルツォ
V.エワルド(D.R.トーマス編):金管五重奏曲第1番op.5
J.S.バッハ(R.フォーテ編):コントラプンクトスⅨ
M.アーノルド:金管五重奏曲第1番op.73
~休憩 20分~
2010_0808_162330-DVC00054.jpg

(金管十重奏)
S.シャイト(カナディアン・ブラス編):「戦いの組曲」より戦いのガリヤルド
T.スザート(J.アイヴソン編):スザート組曲(舞曲集「ダンスリー」より6つのダンス)
A.スクリャービン(D.マクギボニ―編):金管五重奏のための5つの前奏曲より
R.ロジャース(高山直也編):「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」より

全国からオーディションで選ばれたメンバーだけあって、6日前に初めて顔を合わせたとは思えないほどの緻密なアンサンブルを聴かせてくれました。
弦楽器奏者のわたくしには馴染みの無い曲が殆どでしたが、個人個人の技量の高さとしっかりと練習して来たと感じられるアンサンブルで心地よいひと時でした。

アンコールは、「どじょっこふなっこ」「G線上のアリア」最後に「天国と地獄~カンカン」。最後の曲には客席から自然と手拍子が起こるほど、奏者と聴衆が一体になった気が致しました。
スポンサーサイト



posted by ひで at 21時31分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<中電水路~旧草津街道 | ブログトップ | 甲虫採取>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索