酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2012年02月 17日 (金)

 今期67日目「志賀高原スキー場」

DVC00364.jpg
今日も昨日の続きで三重県の女子高生たちと遊んできました。一の瀬ファミリーのクワッドを登って天狗コースと考えていましたが、混雑していたのでダイヤモンドから山の神へ。
他の班が全くいないので好き勝手に滑れました。

DVC00365.jpg
午後は高天を下って西館を登って滑って発哺のクワッド。これまた他の班が全くいないコース取りです。

DVC00366.jpg
ゴンドラには他の班がいくつか見えましたがこの時間から東館を下る班はいません。

DVC00367.jpg
とっさにカメラを向けたのでストラップが邪魔してしまいましたが、オリンピックコース上部を滑る生徒さん達。

DVC00368.jpg
ここを滑った班は他にはなさそうです。

DVC00369.jpg
東館の林間を滑り降り発哺からバスで一の瀬へ帰りました。バスで戻った班は前代未聞と云われましたが、わたくしとしては当初から予定の行動でした。
生徒さんたちに志賀高原の醍醐味を伝えるには一度はバスに乗せたいと思っていましたので・・・。
高天ヶ原からご老人の団体さんが乗ってきて、椅子に座っていた生徒さんたちが席を譲ると・・・。
「良い子たちだねぇ~、伊賀から来たのぉ~?」(校名の入ったゼッケンをつけていたので)
「はい!」
「忍者みたいに消えてみな!」
「次のバス停で消えますから!」
楽しい生徒さんたちでした。

最後までお付き合いをしたいのですが、明日はリフトの仕事が忙しくてこちらへ来られないのが残念です。
スポンサーサイト
posted by ひで at 17時30分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)
<<雪 | ブログトップ | 雪>>

コメント

お昼

ご飯はどこで食べたのかな?
posted by 周三 URL at 2012年02月18日 12時11分 [編集]

ホテルに帰りましたよ!

普通に、一の瀬のホテルに戻って昼食です。
posted by ひで URL at 2012年02月18日 17時00分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<08月 | 2017年09月 | 10月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。