FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年03月 26日 (日)

 今期31日目「湯の丸スキー場~湯の丸高峰林道~池の平湿原~湯の丸スキー場」

P1000002-2.jpg
昨夜は湯の丸スキー場の駐車場で車中泊。6:30起床でお湯を沸かしカップ麺で朝食。第6駐車場へ移動し、7:30のリフト運転開始で回数券を買い、第6リフトに乗ってリフトの上から林道を歩いて池の平湿原へ向かっています。

当初、登山道を登るつもりでしたが道が良く判らないので判り易い林道を登ってきました。40分程歩いた林道上で小休止。
Dvc00550.jpg
途中から林道をショートカットし1時間半程で池の平湿原の上に到着しました。三方ヶ峰が見えるところまで行きましたが、昨日苦労したのと同じ様な雪質なので滑走は断念する事にしました。

いつかは池の平を滑って三方ヶ峰に登ってから滑って帰りたいものです。結局この看板の近くでビールと氷結で休憩し、湯の丸高峰林道を滑ってスキー場へ戻りました。
滑りに行ったと云うより、登りの練習に行った感じです。

ゲレンデを1本滑って第6リフト下の「フレンド」で休憩。チキンナゲットをつまんで「五一ワイン」の白カップで乾杯!

DVC00556.jpg
休憩後、ゲレンデの雪が硬めなのでレース用の板に履き替え回数券の残りを使って滑りました。

Dvc00551.jpg
昨日、今日と満足に滑れませんでしたがゲレンデで滑ってようやくスキーをした感じです。スキー場がいかに滑りやすいか良く判りました。

Dvc00552.jpg
第4ゲレンデから昨日の出発地点の旧鹿沢が見えます。

Dvc00553.jpg
これは角間峠です。

Dvc00554.jpg
11回券を二人で使ったので1回分半端がでる勘定でしたが、7・8回目を切る時に第4リフトのおじさんが「二人じゃ半端だね、1回おまけだよ後2回乗ってくれ」と云って1回分しか鋏を入れませんでした。(おじさん、有難う!)

正午で終了し、山を下り「アサマサンライン」から国道18号経由で、途中給油と洗車をして15時に群馬の実家へ戻りました。

とっても疲れたけれど、楽しいひと時を過ごしました。実家で道具を片付けて17時から「八海山」原酒の残りを呑んで19時で沈没です。
スポンサーサイト



posted by ひで at 08時21分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<クラストの斜面 | ブログトップ | 「麗人」生きているにごり酒>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索