FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年04月 01日 (土)

 佐和田の浜

海が綺麗です。
Dvc00593.jpg
浅瀬で静かな海に広がる大岩が特異な風景です。'94年6月、伊良部島指定名勝。'96年7月1日、日本の渚百選。
橋でつながったすぐ隣の島「下地島」へ移動。

Dvc00594.jpg
日本唯一の民間パイロット訓練飛行場である下地島訓練飛行場の誘導灯が海の上に並んでいます。

Dvc00595.jpg
ここが「通り池」。二つの池の様に見えますが自然に出来た橋のような岩によって分かれたように見えています。最も深い所で水深45m有り、水深15mにある地下洞窟で外の海と繋がっています。

再び「伊良部島」へ戻り、「渡口の浜」へ。
Dvc00596.jpg
長さ800m、幅50mにわたって広がる真っ白な砂浜。'78年4月1日に沖縄観光名所に指定されています。

Dvc00597.jpg
伊良部島民の念願が叶って、宮古島との連絡橋の建設が始まりました。約6,500mを6年の歳月を掛けて建設される予定です。

伊良部島で「グルクンの空揚」等の昼食を済ませ、13:00発の船で宮古島平良港へ帰還。港には一昨日と同じ運転手がタクシーを止めて待っていました。

うえのドイツ文化村へ移動し、半潜水式の水中展望船「シースカイ博愛」に乗船しサンゴ礁と熱帯魚を硝子越しに観覧。

※ドイツと上野村の友情~博愛物語
1873年(明治6年)7月12日、ドイツ商船R.J.ロベルトソン号(ヘルンツハイム船長)が、中国からオーストラリアに向けて航行中に台風に遭い、上野村宮国沖のリーフに座礁難破しました。
これを発見した宮国の住民は、一晩中たいまつの灯で勇気づけるとともに激浪の海にサバニ(クリ船)を漕ぎ出し乗組員を救助。一ヶ月余にわたり手厚く看護して、無事本国へ帰国させました。
ヘルンツハイム船長の報告を受けたドイツ皇帝ウィルヘルム一世は、上野村民の博愛の心を称えるため軍艦を派遣して、宮古島に「博愛記念碑」を建立しました。

Dvc00598.jpg
サンゴ礁が綺麗です。

Dvc00599.jpg
美味しそうな魚達?

次は「多良川酒造所」の工場見学です。
Dvc00600.jpg
これは蒸して二日目の原料(タイ米)。

Dvc00601.jpg
焼酎は白麹を使う事が多い様ですが、泡盛は黒麹を使います。良い匂いです。(笑)

Dvc00602.jpg
これが蒸留装置です。蒸留されて出てくるお酒は70度くらいのアルコール度数だそうです。(舐めさせてもらいました。)

Dvc00603.jpg
こちらは瓶詰め工場です。

Dvc00614.jpg
続いて「地下ダム資料館」へ。これは地下ダムの模型です。
川が無い宮古島では、地下水脈が貴重な水源です。降った雨が海に流れ出すのを防いで水を確保するために造られたのが地下ダムです。

Dvc00615.jpg
次に、来間大橋を渡って来間島へ移動。全長1690mの橋は、船の通過のために来間島寄りの部分が山なりに弧を描いています。農道橋としては日本一の長さだそうです。

Dvc00616.jpg
来間島の竜宮城展望台から見た宮古島の与那覇前浜ビーチ方面の眺め。

Dvc00565.jpg
宮古島へ戻り久松五勇士顕彰碑へ。日露戦争当時、バルチック艦隊を発見した久松の五人の漁民が、電信施設の有る石垣島へサバニ(小型漁船)で知らせに渡った史実に基づく記念碑。
今日の観光はこれで終了、ホテルまでタクシーで戻り後はお楽しみの夕食です。

Dvc00605.jpg
夕食はホテルから徒歩約5分の泡盛と沖縄料理の店郷屋(ごうや)で18:30から。19:30から三線のミニライブ。

Dvc00606.jpg
店員も踊りだします。最後にはお客も数人踊りだしました。泡盛と沖縄料理と沖縄民謡を堪能して一日が終わりました。
スポンサーサイト



posted by ひで at 10時57分  [トラックバック(0) | コメント(0)
<<伊良部島到着 | ブログトップ | 宮古馬>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索