酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2006年04月 02日 (日)

 西平安名崎にて

Dvc00609.jpg
宮古島の北西の岬です。

Dvc00613.jpg
この後は、池間大橋を渡って池間島へ行きます。

Dvc00610.jpg
台風の力で羽根が取れてしまった風力発電機。

Dvc00611.jpg
世田谷まで1900Km。

Dvc00612.jpg
室蘭まで2420Km。
Dvc00617.jpg
神の島といわれる「大神島」。

Dvc00618.jpg
池間大橋を渡って池間大橋売店へ到着。お店の展望台から望む八重干瀬方面。

Dvc00619.jpg
橋を戻って島尻地区へ移動。入り江に湧き水が混ざり汽水域となった処にある「島尻マングローブ林」。
「マングローブ」という名前がついた植物があるわけではありません。熱帯や亜熱帯地域の河口など、満潮になると海水が満ちてくるところ(潮間帯又は汽水域)に生えている植物をまとめてマングローブと呼びます。川が無い宮古島にマングローブ林が有るのは地下からの湧き水の為です。
ここにはオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシの4種類の植物が生えています。

Dvc00620.jpg
西表島へ行った時には「仲間川」でボートに乗って観光しましたが、ここは遊歩道が架かりその上をゆっくり歩いて見物します。

遊歩道が終わった処でタクシーが待っていてくれました。運転手の案内で昔ながらの製法で造る「丸良黒糖」の工場へ。
Dvc00621.jpg
大手の工場と違って全くの手作業です。
スポンサーサイト
posted by ひで at 10時24分  [トラックバック(1) | コメント(0)
<<宮古馬 | ブログトップ | 砂山ビーチ>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

西平安名岬西平安名岬(にしへんなざき)は、沖縄県宮古島市平良狩俣に位置し、東シナ海に面する岬。北緯24度54分37秒、東経125度15分18秒。宮古島の北西端(北端は、東に並行する世渡崎)。琉球語で西のことを「いり(太陽が入る)」と呼ぶことから「いりへんなざき」とも
from うちなー沖縄 at 2007年02月09日 21時36分
↑PageTop
| ブログトップ |

カレンダー

<<05月 | 2017年06月 | 07月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。