FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年04月 15日 (土)

 今期33日目「神楽ヶ峰ツアー」

4:30起床で4:50出発、いつものように5:30に所沢ICから関越道に流入。渋川伊香保ICで刻んで6:50に月夜野ICから国道17号へ。三国峠を越え、苗場スキー場や田代ロープウェイ乗り場を通り越して7:40にみつまた民宿街の「元湯民宿・弥八」へ到着。
黒川春水さん主催の「ダイアモンドダスト・神楽峰ツアー」に参加です。

宿で身支度を整え、前泊の方々と一緒にみつまたロープウェイ乗り場へ移動。今朝の新幹線で来る方々を待ちます。
ガーラ湯沢スキー場が強風のため営業中止になったらしく、湯沢からのバスは超満員です。

なんとかメンバーが揃ったところでみつまたロープウェイ、かぐらゴンドラ、かぐら第1クワッド、第5ぺアを乗り継いでスキー場のトップへ。かぐらスキー場から山を登ります。
全行程のロープウェイ、ゴンドラ、リフト代を合計すると3,350円になるらしいですがメンバーの一人が1日券が3,300円になる割引券を持っていたので全員1日券を購入しました。
DVC00645.jpg

Dvc00634.jpg
かぐらゴンドラ山頂駅には鯉幟。

スキー場のトップでシール装着。今回のメンバーはガイドの春水さんとアシスタントのK氏、ゲストが13名の総勢15名のグループです。
お一人だけステップカットの板でシール無しの為ザックに板を括り付けてつぼ足で登ります。

45分ほどで2,010mの稜線に到着。物凄い風が吹いています。

シールを飛ばされないように剥がして、さぁ滑走です。
Dvc00635.jpg


東側のカールを標高差100mほど滑り降りて(風の当たるところはクラストでしたが他はザラメでした)、風の吹かない平地を見つけ雪上テーブル作り。
思い思いにランチです。
Dvc00637.jpg

Dvc00636.jpg
左側はダイアモンドダスト春のツアー定番の春水さん特製のデザート。このポッキーを預かった私は、折らないようにサングラスのケースに入れて運びました。

食後は板をザックに括り付け、つぼ足で先ほどの地点まで登り返し。
Dvc00638.jpg
登り返した地点から望む「苗場山」。
Dvc00639.jpg
同じく「神楽ヶ峰」。

板を履いて中尾根の手前の尾根、春水さん流には「中中尾根」までトラバース。
Dvc00640.jpg
中尾根にはクラックも見えました。

Dvc00641.jpg
先行して滑るガイドの春水さん。

尾根から途中、沢を滑って15:30頃かぐらゴンドラ降り場へ到着。
上部はクラスト状の雪で滑りにくかったですが、標高が下がるにつれ雪が緩んできて快適に滑れました。(時々ちょっと引っかかりましたが。)

元気な人はゲレンデを滑り行きました。
私は勿論休憩組です。(笑)
白ワインのフルボトルを1本買って呑みたい人に振る舞いました。

16:00を過ぎて、元気な人たちが帰って来たので全員で下山です。ロープウェイ山麓駅まで戻り、宿の送迎車で帰りました。
疲れたけど、楽しかったです。今度はパウダーの時期に来て見たいものです。

私にとってこのエリアは日帰り圏なので三俣に宿泊するのは初めてです。お宿はこの辺りでは唯一源泉を持つので、天然温泉に入れます。温泉で疲れを癒した後は、18:30から夕食です。
料理は美味しくてボリューム満点、「八海山・清酒」がすすみます。ビールの人が数人居ましたが11人は日本酒を注文。コップ1杯では物足りない私は、弟とお酒好きのK氏と3人でもう1升注文。
物足りなそうな方々に少しずつ振舞って20時頃には二本目の一升瓶が空きました。
スポンサーサイト



posted by ひで at 09時30分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<「喜久泉」特別本醸造 | ブログトップ | 今期34日目「神楽ヶ峰ツアー」>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索