FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年04月 23日 (日)

 今期36日目「芳ヶ平ツアー」

山本荘のスタッフ、けんごさんを巻き込んで渋峠から芳ヶ平まで滑ります。
帰りは志賀草津道路が開通したので、白根火山バス停までの緩い登り返しです。

Dvc00653.jpg
先ずは「県境の宿渋峠ホテル」に登山計画書の提出。

DSCF0963.jpg
国道最高地点の先、カーブミラーの付近から滑走開始です。
DSCF0964.jpg
この尾根を滑り降ります。今日は他のパーティーは居ません。この斜面を3人で思いっきり滑れます。

DSCF0967.jpg
ちょっと引っかかる雪ですが、ノートラックを堪能。

Dvc00651.jpg
けんごさんが沢山写真を撮ってくれました。(感謝!)

DSCF0968.jpg
快適斜面が続きます。

DSCF0970.jpg

DSCF0975.jpg


DSCF0980.jpg
約20分で滑走は終了。雪の上で「氷結」を回して冷やします。乾杯!

DSCF0983.jpg
40分ほど休憩し、さぁ白根火山バス停までの登りです。

DSCF0990.jpg
約1時間で白根火山バス停に到着。雪の上でカップ麺とおにぎりで昼食。その後レストハウスに移動しビールで乾杯!お疲れ様でした。

DSCF0992.jpg
13:05発のバスで渋峠へ戻ります。

Dvc00652.jpg
渋峠ホテルにツアー完了のご挨拶。渋峠ホテルの「インディ君」がお出迎え。

宿に戻って1時間ほど昼寝。お風呂に入らしてもらって、16時少し前に帰路につきました。

P1000022-1.jpg
帰りは志賀草津道路で草津へ下り、約2時間半で群馬の実家へ到着。楽しい1日でした。
スポンサーサイト



posted by ひで at 09時09分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<今期35日目「横手山・鉢山ツアー」 | ブログトップ | 久しぶりにヴァイオリンを弾く>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索