FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年06月 22日 (木)

 「笹の川」すべて山田錦 吟醸酒カップ

DVC00722.jpg
試飲用に戴いたお酒です。以前はカップ酒と云えば普通酒やせいぜい本醸造くらいでしたが、最近は吟醸酒などの特定名称酒のカップも増えてきた様です。

このお酒は昨年の10月にスキー仲間のK君宅で呑み会をやった時に1升用意したのですが、他のお酒を呑みすぎてこのお酒は手付かずでK君宅に置いてきたので呑むのは初めてです。

精米歩合60%、アルコール度14度。あっさりとした呑み易い味わいでした。1升瓶では1,995円ですが、1合のカップが294円は高い気がします。250円以下なら買いって感じです。「笹の川」のカップ酒は全般的に高価だと思います。

昨夜、途中まで書いたのですが眠くてUPできませんでしたので今朝書き直しました。
「カップ酒試飲レポート」はまだまだ続きます。(笑)

★☆☆(も少し安ければ良いですね、少しあっさりし過ぎかも。)
スポンサーサイト



posted by ひで at 08時08分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)
<<MOSTLY CLASSIC AUGUST 2006 | ブログトップ | ヴァイオリンレッスン321、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure>>

コメント

レポートありがとうございます。

当店専属のきき酒師(笑)のレポート楽しみにしております。
まあまあゆっくりと(^^)。
posted by むく URL at 2006年06月22日 19時53分 [編集]

試飲で良かった!

むくさん、こんばんは。

きき酒では口に含んで吐き出さなければなりませんが、試飲なので呑み干すことが出来ます。(笑)

酔った勢いで呑むと味わいが判らなくなりますので、体調の良い日の一杯目で呑んでいきますね。
宜しくお願いします!
posted by ひで URL at 2006年06月22日 22時07分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<06月 | 2020年07月 | 08月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索