FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年07月 22日 (土)

 「亀泉」純米吟醸原酒 土佐宇宙酒

DVC00758.jpg
知人から四国旅行のお土産で戴きました。

化粧箱の記述に拠ると、

※「土佐宇宙酒認定基準」 :下記をクリアしたもののみに、認定シール添付を許可。
<酵母>宇宙を旅した後の高知県産酵母6種の中から選択(単独、及び混合可)
<原材料>高知県産酒造好適米「吟の夢」または「風鳴子」を100%使用
<精米歩合>55%以下
<造り>100%で、低温長期発酵の吟醸造りを行った純米吟醸酒
<香味>「土佐宇宙酒審査会」の官能審査に合格したもの
[土佐宇宙酒審査会]
「土佐宇宙酒」としての品質基準に適合しているかを審査する会。高知県酒審査会認定審査員、高知県工業技術センター酒類担当官が審査するほか、高松国税局鑑定官にも審査を依頼する。
「土佐宇宙酒」世界初のロマンあふれる日本酒の誕生!
2005年10月1日「日本酒の日」、ロシアのソユーズロケットが宇宙に向かって打ち上げられました。実はそのロケットの中には、高知県産の日本酒酵母が搭載されていたのです。
宇宙ステーションに約8日間滞在した酵母は、10月11日に無事地球へ帰還。そして高知県内の蔵元にて、この宇宙酵母を使用し、厳しい認定基準(※)をクリアした純米吟醸酒が仕込まれ、世界初の「土佐宇宙酒」の誕生となったのです。
この「土佐宇宙酒」計画は、元々高知県内有志が立ち上げた「高知県宇宙利用推進研究会」(通称「てんくろうの会」)が2002年から推進してきたもの。様々な障害や苦難を乗り越え、3年がかりで遂にロマンを実現したのです。ちなみに「てんくろう」とは土佐弁で「天喰ろう」、つまり大ボラ吹きの意味。天を喰らうほどの壮大な夢を実現した「土佐宇宙酒」は、まさに土佐らしい日本酒といえるでしょう。この酒を味わえば、無重力の「宇宙酔い」が楽しめるかもしれません。

長くなりましたが、上記が化粧箱に書かれた能書きです。

このお酒の成分は以下のとおり。
使用酵母:AA-41、アルコール度数:16度以上17度未満、原材料名:米・米麹、日本酒度+5、酸度:1.7、アミノ酸度:1.2、原料米品種:風鳴子(高育63号)、精米歩合:55%、製造年月:18.3.


「宇宙酔い」ってのがどう云うものか判りませんので、「宇宙酔い」に成ったかどうかは不明ですが・・・。(半分呑んで良い気持ちです)
うっすらと「メロン」の風味を感じました。なかなか美味しいお酒です。720mlで2,200円程度らしいです。自分で買うにはちょっと高いかな?

今日は朝からオケの曲を練習。延べ4時間くらい弾きました。ゆっくりなら大分弾ける様になってきました。明日はマーラーの1楽章のセクション練習。恥じをかかない程度に弾けるかな?
スポンサーサイト



posted by ひで at 20時58分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<MOSTLY CLASSIC SEPTEMBER 2006 | ブログトップ | 7月最後のオケ練習>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索