FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年08月 03日 (木)

 ヴァイオリンレッスン326、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

ヴァイオリンのレッスンも月日を重ね今夜から「9年目」です。その割には上達していませんが・・・。

レッスンの行われるビルの前で先生にお会いしました。(そう云えば前の時間の方は月2回なので今日はレッスンが無い日のようです。)
先生と一緒だったのでエレベーターで3階まで登りました。初めてこのビルのエレベーターに乗りましたよ。(普段私は階段を登るので)

音楽教室に着いて受付の方に「私の弓は届いてますか?」と訊いたところ・・・。慌てて探しているようでしたが届いてはいませんでした。

先生:弓はどうしましたか?
私 :先週の土曜日にお店の方で「銀線巻き直し」を頼んで、こちらで渡してもらうように頼んでおいたのですが・・・。
受付:済みません、届いていません。弓がないと弾けませんね。どうしましょう?
私 :もう1本有りますから大丈夫です。来週はお休みですから再来週のレッスン日に此処に届くようにして下さい。

という事で今夜のレスンが始まりました。

先生:あの弓の銀線巻き直しを頼んでいたのですね。
私 :「マーラー」のコルレーニョ用に使おう思ってます。
先生:先週、エキストラを承諾しましたが、コルレーニョが嫌でやっぱり辞めようかな?
私 :オケのメンバーに「先生が乗ってくださる」って連絡して、皆さん頼りにしていますよ。お願いしますね。

先生:そう云えば、最近レッスンに不満は有りませんか?
私 :え、なんですか?
先生:昔はもっと練習していたと思うので・・・。
私 :不満が有ったらとっくに辞めてます。今日から9年目ですよ。
先生:もうそんなになりますか。
私 :始めた頃はやることが簡単だったので「やればやるだけ先に進める」ので今より弾いていた事は間違い有りませんが。
先生:では、頑張って弾きましょう!

楽器ケースを開き、マングースのぬいぐるみをお見せしたところ、先生は「のだめ~・・・」はご存知無いようでした。

床屋さんで読んでいたのに結局ゆっくり読んでみたくて1巻から買ってしまいましたので、次の機会に漫画本をお貸しする事にしました。

とり合えず一回弾いてみると。

先生:音程が低くなりがちですので注意して。
私 :せっかく後半の難しい「トリル」が巧くいったのに残念です。
先生:それから、3重音の真中の音が変なところが有りますね。
私 :他の指が触れているのかな?

もう一度弾いてみる。

先生:さっきと同じですね、FisとAのはずがFisとHになってます。
私 :1の指がA線に触れているのですね。

その部分を弾く為に後半だけ弾く事に・・・。

先生:さっきと同じです!親指の位置が悪いのかもしれませんよ。
私 :そう云われてもいきなり出来ません!(偉そうに云うな!ってな感じですね)

更にその部分を弾く。

私 :その前の出来なかった「トリル」のところが巧くいったのにぃ~!残念と云うより情ない感じです。
先生:音はよく響く様になってきましたから頑張りましょうね!
私 :音が響くのは「弦を換えた所為でしょう?」
先生:それだけでは無いですよ。全体的には良くなってますから。

(先生は持ち上げるのが上手い!)

3重音の真中の音の音程に問題が有る所が多いというのが良く判りました。

今夜は話をする間を惜しんで練習しました。(笑)

「いつもこれくらい真剣にレッスンを受けられる様に、ちゃんと用意しないとな」っ思った次第です。

オケのエキストラに関しては、先生が「好きな曲でもあり、弾いてみたい曲」だと仰るので参加を打診してみた次第です。(今まで他のオケで弾いた時に先生にエキストラをお願いした事はありません)
今回は技術的にも人数的にも先生の力が欲しい所です。

最終的にはご本人が決めることなので私にはどうしようも有りませんが。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時45分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)
<<「白瀑」本醸造 | ブログトップ | 第47期王位戦七番勝負第3局>>

コメント

9年め~~

おめでとうございます!!

レッスン9年めに、私は何を弾いているだろう??と思いますが、想像できません。
けど、来年の発表会は何やろうかな、とは考えてます(笑)。

ところで先生はまだ、本当には陥落していなかったのですね、、、
出て下さるといいですね~
posted by nobara URL at 2006年08月04日 09時15分 [編集]

9年めおめでとうございます2

ひでさん、9年目突入おめでとうございます。
ほんとだ、nobaraさんのおっしゃるように、9年もたったらどんな曲を弾いているのでしょう・・・・
それより、9年後の自分を想像したくない(爆)

ところで・・・マエストロに指摘を頂いて、まんぐーすちゃんの「手」をひでさんの写真でも確認しましたら・・・
やっぱりしっかり抱きしめてる~~~ショックショック~~(T_T)私のは両手とも手のひらの真ん中で軽く支えてる感じなのです。つまり、鍵盤ハーモニカが落ちそうなの・・・
来年二男が高校受験なのに。えぇぇぇん(T_T)→考えすぎ?
posted by ゆみ URL at 2006年08月04日 21時20分 [編集]

あっという間の9年でした。

nobaraさん、こんばんは。

始めた頃は無我夢中、でも最近はマンネリ気味で有ります。

先生、一度は承諾してくれてその話をコンミスに伝えてありますので、オケの方ではすっかりその気になっています。メンバー表にも先生の名前が(賛助)として載っています。しかしその後、何か思うところが有ってやっぱり辞めとこうかなって仰るので困ってしまいました。

オケに専念する為に音楽教室の発表会は辞めようかな?なんて思いもあります。
posted by ひで URL at 2006年08月05日 16時52分 [編集]

有難うございます。

ゆみさん、こんばんは。

私は10年も弾けば「ツィゴイネルワイゼン」くらいは弾けるかと思っていましたが、まじめに練習してこなかった所為かとてもそんな段階では有りません。
ただ、最近マンネリ気味なのは間違いない事でこのままレッスンを続けるべきか?

発表会で曲を弾く為のレッスンになっている事が、変な気がしています。レッスンの成果としての発表会のはずが本末転倒している気がします。

ところでゆみさんのマングース君の手、確かに私のや菊蔵師匠のとちょっと違いますね。
でも、そんな処がいかにも、手造りって感じですが。
posted by ひで URL at 2006年08月05日 17時03分 [編集]

すごいですねぇ!

近頃、本当に情けないくらいにタイムラグあるコメントで申し訳ありませんが・・
こんばんはっ お邪魔します(ぺこり)

9年。。9年ってホントに長いですよねっ!!
私の9年前といえば。
長男が生まれて 初めての育児にオロオロとしていた頃かと・・(笑)
そっかぁ~そんな時にひでさんはバヨを習い初めていたのですねん。
なにやら感慨深いものがあります(・・・)

今回の先生はちょっといつもより「先生」らしい口調と態度ですねっ!(笑)ちょっぴりカッコイイと思いました!
posted by さぼ URL at 2006年08月06日 01時08分 [編集]

お忙しいところ有難うございます

さぼさん、おはようございます。

お忙しい日々を送られていらっしゃる様ですね。

個人レッスンを9年も続けるとは思っていませんでした。ある程度弾ける様になったら「アマオケ」に入ってそれで満足するだろうと思っていましたので。

オケに満足しなかった分、レッスンが続きました。ようやく満足できそうなオケにめぐり合ったのでこの先のレッスンはどうしようかな?
posted by ひで URL at 2006年08月06日 09時39分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<04月 | 2020年05月 | 06月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索