FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年08月 11日 (金)

 「名倉山」清酒

DVC00782.jpg
カップ酒試飲シリーズに続いて、今度は(福島の)「普通酒四合瓶呑み比べ」シリーズが始まります。

カップ酒試飲シリーズの「総評」は近いうちにまとめますので暫くお待ち下さいませ。(むくさん、御免なさい!)

今度は地元の方々が普段の「晩酌」で呑まれる「普通酒」の味比べになります。カップ酒と違って容量が4倍有りますのでやたらと呑むと「酔っ払って」しまい、コメントどころではなくなるので要注意です。(誰に云ってるんじゃ~?)
と、云う事で表記を「試飲」では無く「呑み比べ」としてみました。(自己満足?)

この「名倉山」と云う銘柄は春先に純米吟醸の「月弓かほり」と云うのを賞味いたしましたが、1800mlで2千円台前半とお買い得で薫り高い美味しい吟醸だった記憶が有ります。

こちらは戴いたデータに拠りますと720mlで703円ですから、この地域の「普通酒」としては価格が高いほうのようです。(微々たる物ですが)
原材料にも「糖類」「酸味料」と書かれていますので「普通酒」としては申し分ない成分です。(笑)

せっかく「クール便」で送っていただいたので、昨夜早速冷蔵庫に入れて(四合瓶6本)保管しました。(お陰で他のものが冷蔵庫に入りません!)

冷たい状態だと「美味しい」です。少し温くなってくると「アルコール臭さ」を感じます。でも「糖類」「酸味料」の嫌味は感じませんから「本醸造っぽい」感じがします。価格からするとお買い得かな?

せっかくなので「お燗」も試してみました。
燗をつけると、とても美味しいです。嫌味が無く味わい深い感じです。(今夜は半分だけ戴きました。最後に全部をまとめてもう一度比べたいと思います)

★★☆(常温ではいまいちですが、冷やしてかお燗は美味しいです)

さて、明日から20日まで9日間の「夏休み」です。何をして過ごそうかな?
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時52分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)
<<「零生」零度式生酒蔵酔 氷温本醸造 | ブログトップ | 「〆張鶴」吟撰 吟醸酒>>

コメント

普通酒。

一番安い?一般的な酒なので逆にコメントが難しいかもしれません。
眉間にしわ寄せないで気楽にどうぞ(笑)。
posted by むく URL at 2006年08月12日 13時33分 [編集]

楽しみです!

むくさん、こんにちは。

他のお酒がどんな味わいか楽しみです。
昨夜開けてしまうと、味わうことなく呑んでしまいそうなので止めておきました。
後は、もう少し時間が掛かりそうです。
posted by ひで URL at 2006年08月13日 11時22分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索