FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年08月 24日 (木)

 ヴァイオリンレッスン328、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

今年は9月16日が発表会なので、発表会までのレッスンは今日を入れて後4回しか有りませんので休みたくありません。

今週もまた、レッスンのある木曜日に日帰り出張が入ってしまったので何とか時間に間に合うようにと早朝から出かけました。
現地で10:30という相手の希望を9:00にして貰い6:56東京発の新幹線で出発です。
日帰り出張だと楽器を持ち歩けませんので、レッスン前に楽器をとりに一旦帰宅しなければなりませんので時間を前倒しです。

2箇所の打ち合わせを順調にこなし、15:30には予定の業務を終えましたので急いで帰宅しました。お陰さまで18:00過ぎには帰宅できましたので、少し指ならしをしてからレッスンに行って参りました。
(当初の予定通り1時間半遅れていればレッスンには間に合わない時間です)

さて、本日のレッスンは・・・。

レッスンルームに入ると。

先生:お借りした「のだめ」読みましたよ。面白いですねぇ~!「のだめちゃん、可愛い!」
   でも時間がなくて2巻までしか読んでないので3巻はまだ貸して下さいね。
私 :4~6巻もお持ちしましたよ。
先生:では1、2巻だけお返しします。

湿度が高く、ペグの動きが悪いので調弦に時間が掛かります。
ようやく調弦があったところで。

私 :そういえば去年は8月の今ごろで発表会は終わってましたね。
   その直後からやっているんで、この曲はもう1年以上ですね。
先生:そんなになりますか?
   それだけこの曲が難しいって事ですね。
   あ、そうだ!「発表会」のプログラムが出来ました。

見せてもらうと・・・。

私 :曲目が「誤植」ですね。「louve」ではなく「loure」です。「r」が「v」に成ってますよ。
先生:あぁ~、どうしよう?気づきませんでした。ごめんなさい。
私 :去年の録画のDVDで「名前」が間違っていたよりは良いです。
先生:そういえば、そんな事も有りましたね。でもあれは、後から直しましたよね。
私 :いいですよどうせ、皆さん気づきませんから。(笑)
先生:ごめんなさい。では、レッスンはじめましょうね。

いきなり、曲を弾いて怪しい所や音が出なかったりしてもかまわず最後まで1回弾くと。

先生:本番を想定して弾きましたね。
私 :いきなり一発勝負だとこんな物です。
先生:完成度を抜きにすればとりあえずは通るって事ですね。
私 :それにしても、ひどい出来ですね。重音は響かないし、トリルは転ぶし、音程はいい加減だ
   し・・・。云う事ないですね。
先生:悪い処はご自分で充分判っているのでもう少し頑張りましょう!

もう一度弾いてみると。

先生:少し早いテンポでしたね。これくらいの方がいいですよ。
私 :遅いと「4分音符のトリル」や「付点4分、8分の後の4分」が長くなりがちですので少し早めのテ
   ンポが良さそうです。
私 :今は途中で楽譜を見失って、途中は覚えている旋律だけの処がありました。

もう一度弾こうとして・・・。

私 :後半の繰り返し、1回目が上手くいったら繰り返さない事にします。
先生:でも、それでは短くないですか?
私 :1回目がまあまあの出来で、2回目に失敗したら癪ですから。
   1回目の出来があまりに悪かったら繰り返してもう一度挑戦です。

もう一度弾いて・・・。最後に止まる!

私 :繰り返しをしようかしまいか考えていたら、繰り返しの入りに失敗しました!
先生:そうだと思って聴いてました。(笑)
私 :では、後半の1回目として最後の3小節から弾きますね。

と、思ったら途中で止まる。

私 :失礼しました!最後の小節から繰り返します。

また弾いても途中で滅茶苦茶!

私 :今日は駄目です。これで終わりにします。
先生:おなかへりましたか?(笑)集中力が途切れてしまったようですね。

今夜はこれでお終いです。

楽器を片付けながら・・・。

私 :そういえば、オケの「乗り番表」が出来て、先生も「席次」が決まってました。
先生:え、見せてもらえますか?
私 :これ、どうぞ!
先生:此処までになっているのは申し訳ないですね。
私 :9月24日と本番だけでもお願いできませんか?って皆さん云ってますが・・・。
先生:それでもよければやってみましょうか?
私 :是非、お願いします。
先生:あれぇ~?「芥川」にも私の席がありますね。これは勘弁して下さいよぉ~!
私 :わかりました。「モーツァルト」と「マーラー」でお願いします。
先生:その代わり、発表会しっかり頑張って下さいね、それから「打ち上げ」にも出て下さい!
私 :発表会が終わるまでは「オケの曲」はオケの練習日にのみ練習する事にします。

最後の最後になって、なんとか先生に「エキストラ」をやってもらえる事になりました。
普段の仕事で云えば、3割値引きして受注したって感じかな?(笑)

「発表会」も「演奏会」も精一杯やらなくていけませんね。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時26分  [音楽トラックバック(0) | コメント(3)
<<第47期王位戦七番勝負第4局 | ブログトップ | Tchaikovsky:Symphony No.5 VS Dvorak:Symphony No.7>>

コメント

お疲れさまです!

発表会、もうすぐなんですね。うちも同じ時期です。
ところが私事でバタバタして、きのうもピアノ合わせ前の貴重なレッスンをキャンセルせざるをえませんでした。

まあ、人生ってこんなもんですよ(笑)

もう火事場の馬鹿力にたよるしかありませ~~ん(泣)
posted by nobara URL at 2006年08月25日 08時47分 [編集]

ついしん

あ、師弟競演、実現してよかったですね!
寄り切って ひでの山の勝ち~
と思ったら、しっかり交換条件出てましたね(笑)
posted by nobara URL at 2006年08月25日 08時49分 [編集]

人生いろいろ?

nobaraさん、こんにちは。

後20日ほどで「発表会」です。それにしても、まるまる1年以上やってもここまで仕上がらなかったのは初めてです。曲が難しすぎました。A4一頁にも満たない楽譜ですが内容が濃すぎます。

>ピアノ合わせ前の貴重なレッスン
100回目はお預けですね。(残念でした!)
無伴奏の良いところは「ピアノ合わせ」が不要な事です。(笑)

>師弟競演、
一回しか練習に出られなくなったとの事で逃げ腰になった先生を強引に「寄り切り」ました。v-91
posted by ひで URL at 2006年08月25日 14時43分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<05月 | 2020年06月 | 07月>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索