FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年08月 27日 (日)

 8月最後のオケ練習

今日は先週に引き続きオケの練習日です。

全体での練習の前に今日は「フィガロ」のパート練習が有りました。

先週の練習時に、正門から入るのではなく柵を乗り越えて入るのがこちらの大学出身者の定番というのを教えてもらったのでそのルートで練習場へ行ってみました。
正門から入ると「徒歩5分」ですが、裏ルートでは「徒歩2分」で練習場へ行けました。

さて、合奏で使う練習場からパート練習で使う「講義棟」へ椅子を運んで練習です。

今日も先週と同じく1st.Vn.はコンミスのほかは私ともう一方のみ。でも、同じプルトで弾く方と一緒なので良い練習です。
「フィガロ」は簡単そうですが細かい音符の粒をパート内でそろえるのは難しいです。
パート練習の後、一旦昼食をとりに自宅へ戻りました。食事を終えてもう一度同じ裏ルートから練習場へ・・・。

13:30から一時間「フィガロ」の合奏です。
「たにつち」さんがご紹介されていた「録音グッズ」を今週も「ラッパ」の方が持ち込んでいましたが(先週はご自身の隣に置いてました)たぶんあの位置では弦の音が聴こえなかったのでしょう、今日は指揮台の横に置いていました。

あの位置に置いた録音を聴いてみたい気がします。

Tuttiの最後に「中プロ」を1回合わせようとの事で、周囲で個人練をしていた「中プロ」のり番を召集し少しだけ練習。

運営上のミーティングで「チラシ」が配られたので20枚ほど戴きました。

15時からはパート練習で使った講義棟へ戻り、弦楽器のセクション練習。マーラーの4楽章をメインに、残った時間で3楽章を少々。
弾けないところがまだまだ沢山ですが、段々と弾ける部分が増えてきました。

11時半から18時まで練習したので「ヘトヘト」です。

練習終了後に次回の演奏会に向けての「選曲会議」があったので「傍聴」してみました。
メイン候補2曲に対し「前と中」の組み合わせ候補をつけると云う話し合いです。
金管や打楽器に参加できない人が無い様にと「編成」を考えての選曲です。曲の並びを考えると云うより、失業が無い様にとの事が選曲の大きな問題なようです。

私個人としては、曲の並びとしては変だなぁ~?と思う事が多いですが団員皆が参加できる様にと考えると仕方がないのかな?

次回は曲によっては「不参加」か「降り番」を選ぶかもしれません。
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時42分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)
<<「大七」醇良酒 | ブログトップ | 第19期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局>>

コメント

暑い中お疲れさまです!

ひでさん、こんにちは。
あの・・柵を乗り越えるんですか・・・・ほほー
でも、ヴァイオリン持って?怪しくないですか?(笑)

そういえば、息子の寮の門は「heaven's gate」って言うんですよ~(意味不明^^;)

選曲は・・・聴く側からすれば、内情はわからないので、順番て重要な気がしますけれど・・・
まぁ、人生ってこんなものでしょうか、ね、nobaraさ~ん

しかし・・・練習場まで近いですね!便利!
posted by ゆみ URL at 2006年08月28日 11時04分 [編集]

とにかく乗りましょうよ!

長時間の練習、おつかれさまでした。
フィガロは、難しいですよね。いや、私どもの演奏団体レベルでは「不可能」といってよいかも・・
学校の校舎を練習に使えるのですか?
自分の学生時代も教室などでの練習ありました!
当時の練習風景を思い出しまして、うるっと・・(?)
posted by たにつち URL at 2006年08月29日 00時22分 [編集]

いろいろ咲き乱れるのぉ~

今日はまた残暑が戻ってきて、頭のネジがいっことけてます~

そう、人生・・・重要な決定要因は、案外気の抜けた理由だったりするのよね、、

でもさ、そういうとき社会人は正門から入りますよ、ふつう。
posted by nobara URL at 2006年08月29日 10時28分 [編集]

おとなげ無い?

ゆみさん、こんにちは。

正門から入っても「5分」ですから、柵を乗り越える必要は無いですよね。(笑)
まぁ、歩いていけるからこの楽団に参加したのですがね。

アマオケは楽団によって選曲方法が色々で、それがその楽団の特徴だったりしますが、何だか脈絡なく選ばれると「如何なものか?」って思います。
posted by ひで URL at 2006年08月29日 12時58分 [編集]

次はヴィオラにしようかな?

たにつちさん、こんにちは。

演奏会お疲れ様でした。こちらは後2ヶ月、そろそろ曲として仕上ていかなければなりません。
「フィガロ」は難しいですね。指揮者も以前はメチャクチャ早く振ってましたが、皆の限界が判ったようで最近は大分ゆっくりなテンポで振るようになりました。

大学の校舎を練習で使えるので団費が安いのが特徴です。

今回は全曲1st.Vn.ですが、次回は曲によっては2nd.Vn.かVa.で参加してみようかなとも思います。
その前に今回の曲をちゃんと弾けるようにするのが先ですが。
posted by ひで URL at 2006年08月29日 13時09分 [編集]

次回は正門から

nobaraさん、こんにちは。

>社会人は正門から入りますよ
仰るとおりです。(笑)
次回は正門から入ります。

大阪から来てる人もいるんですよ。
それを考えたら、5分で着くところをエスケープしたら失礼ですね。
posted by ひで URL at 2006年08月29日 13時16分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<05月 | 2020年06月 | 07月>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索