FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年09月 11日 (日)

 「はちまる」純米原酒

衆議院選挙は期日前投票で済ませたし、朝は曇っていたのが午後からは小雨模様。どこへも出かけず、ヴァイオリンを少しさらっただけで今日は書く事が無いなぁ~。

と、思っていたところに近所に住む兄から久しぶりに電話が有りました。
歩いて5分位の処に住んでいながら地元では年に数回しか会いません。
(年に一度くらい一緒にスキーに行ったり、実家で会うことは有りますが)

「盛岡へ行ってきた土産が有るから持っていく」との事。
DVC00275.jpg

「はちまる」純米原酒 アルコール分18度、精米歩合80% 株式会社桜顔酒造

精米技術がそれほど発達していなかった頃の昔の造りを再現し、酒米を精米歩合八十%におさえて醸した純米酒です。
米の外層にはタンパク質やビタミン、ミネラルなどが多く含まれるため、農醇な味わいの清酒となります。
『甘』『辛』『酸』『渋』『苦』が五味でバランス良く配合し、『旨み』が絶妙に調和したお酒となりました。
炭素ろ過をせずに原酒のまま瓶詰め後、熟成のときを経て蔵出しいたしました。

複雑で濃厚な味わいのお酒です。つまみに焼きたての「焼き鳥」まで持ってきてもらいましたので720mlはすぐに無くなりました。その後貰い物の「梵」を少し呑んでお開き。

一時は「端麗辛口」旨い酒の代名詞みたいになった事も有りましたし、精米歩合30%以下位で競うような事も有りましたが最近はこのように「米を磨かずに旨い酒」が出てきて良い傾向だと思います。(米を磨きすぎるのは勿体ないですよね)
そういえば、4月に大阪のお好み焼き屋さんで戴いた「秋鹿」山田錦精米八割も美味しかったです。
スポンサーサイト



posted by ひで at 21時52分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<LEGACY Touring Wagon 3.0R 18ヶ月点検 | ブログトップ | 「開運」ひやづめ本醸>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索