FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年09月 18日 (月)

 どりんかーズ室内合奏団 第5回 演奏会

昨日の記事でご紹介した演奏会を聴いてきました。

学生時代からの気心がしれた仲間同士との事なので、楽しんでやっている雰囲気が伝わってくる演奏会でした。
細かい瑕疵は色々と有りましたが、皆で補い合いながら音をまとめていく姿勢がほのぼのとした感を醸し出していました。

14:00開演、先ずは弦楽合奏編曲版のW.A.モーツァルト/歌劇「後宮からの逃走」序曲、次にL.モーツァルト/おもちゃの交響曲。前半最後はW.A.モーツァルト/ディベルティメントニ長調K.136。
Dvc00796.jpg
写真は「おもちゃの交響曲」演奏中のものです。

14:40頃から15分の休憩で後半は、W.A.モーツァルト/5つのフーガK.405。この曲はJ.S.バッハの平均率蔵ヴィーア曲集第二巻から5つの4声フーガを弦楽合奏に編曲された物。(但し偽作の疑いもあり)
本日最後は、W.A.モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525。鳴り止まぬ拍手に答えてアンコールで1楽章をもう一度演奏。15:40頃終演となりました。皆さん、お疲れ様でした!

このホールは以前某室内管弦楽団で使ったことが有りますが、パイプオルガンが有る為に舞台の奥行きが少なめです。
今回の「弦楽合奏」くらいだとちょうどいい感じの広さです。

自分が乗った時は2管編成の「管弦楽」でしたので中央のオルガンの鍵盤に拠って木管が左右に分かれて合わせ難そうだった記憶が有ります。

今ごろメンバーの皆さんは心地良く酔っている頃かな?
スポンサーサイト



posted by ひで at 18時00分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<演奏会のご案内 | ブログトップ | ホワイトヴァイオリンの壁紙>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<05月 | 2020年06月 | 07月>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索