FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年09月 23日 (土)

 「天の戸」カップむ濾過純米酒

午前中はレガシィの30ヶ月目の点検、9時半開店のディーラーへフライング気味に9:25着。一番乗りなので待ち時間無しです。
初めての車検までの6ヶ月ごとの点検パックに、新車購入時に入りましたので基本的には無料です。1年目と、2年目の時には「オイル交換」もパックされています。
今回は「オイル交換」がない回ですが、3月の点検から9,000Kmほど走って居ましたので料金を追加してエアフィルターとオイルを交換しました。
1時間20分ほどで終了し、帰りがけにGSで久しぶりに給油し手洗い洗車もお願いしました。お陰ですっかり綺麗になりました。

20060923150329
午後からはお彼岸で墓参り。お墓で、父と叔母と待ち合わせ。今回は兄弟や従兄弟は誰も来ませんでした。いつもの様に酒好きだったご先祖様にお供えです。
天気が良かったので、父が「デパ地下」で買ってきたおかずをつまんでこのお酒を美味しく戴きました。(笑)

その後、近くの大型霊園にある叔母の家の墓参りへ。昭和63年に若くして(44歳)亡くなった叔父が眠るお墓です。
P100004300.jpg

彼岸花が綺麗に咲いていました。

霊園へ従兄弟が車で迎えにきて、叔母の家へ移動。16:00過ぎから20:00頃まで「雪中梅」純米や「越乃寒梅」白ラベルを呑んで良い気持ちになって帰りました。
群馬から出てきた父は今夜は叔母の家に泊まりの様です。

★★☆(味わい深いお酒ですが、カップで300円は高すぎる!)
スポンサーサイト



posted by ひで at 15時03分  [お酒トラックバック(0) | コメント(1)
<<「オーケストラは素敵だ」オーボエ吹きの修行帖 | ブログトップ | 9月最後のオケ練習は本番のホールで>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
posted by   at 2006年09月24日 09時20分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索