FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年10月 05日 (木)

 ヴァイオリンレッスン334、G.Mahler Symphonie Nr.1 D-dur 1st.Vn.

何故かヴァイオリンレッスンが有る日に「日帰り出張」が入ります。今日は栃木県北部と福島県南部。

ただ、電車で行く出張は移動時間に音源を聴きながら楽譜を読んだりする時間が取れるので、近くを何軒も渡り歩くよりは好きですが。

レッスンに間に合わせる為に、昼間は真面目に働きましたよ!(笑)

18:30頃に一旦帰宅し、ヴァイオリンを持ってレッスンに向かいました。
今夜も演奏会までの期間限定「オケの曲でレッスン(その2)」です。

レッスンルームに入って調弦を終えると。

先生:2楽章の「S」のところさらって来ましたか?
私 :「S」じゃなくて「8」です!
(楽譜が見づらくて「S」に見えなくもないかな?)
Dvc00810.jpg
こちらは、先週までの「行き当たりばったり」バージョンで指番号が書かれていません。

DVC00818.jpg
1週間の間に左手のポジションを決めてさらいまくったのがこの楽譜の書き込みです。

私 :ポジションを決めたので大分弾ける感じです。ちょっとゆっくりですが弾いてみますね。

この楽譜の「8」から弾いてみると・・・。

先生:しっかり弾ける様になりましたね。後は少しずつテンポを上げていけばバッチリですよ!では、4楽章に行ってみましょう!
私 :4楽章はまだまだ弾けてません。
先生:では、冒頭からゆっくり弾いて見ましょう!

通常の倍位のテンポで冒頭から一緒に弾いてみる。

私 :♭4つは弾き難いですね。
先生:時々AsやDesがAやDになってますから要注意ですね!
本番のテンポはどれくらいですか、弾いてみて下さい!
私 :本番のテンポだと音がちゃんと出ませんけど、弾いてみます。

普段、合奏で弾いているテンポで弾いてみると案の定細かい処で鳴らない音が有ります。

先生:テンポ感は了解です。細かい音符は初めと終わりだけは合わせる様にしましょう!
私 :5連符や16分音符から6連符に移る処あたりはあってませんね。
先生:では、その先の音が細かく動く処を弾きましょう!
私 :(ゲ!この辺弾けてないぞ)←独り言。

ゆっくりのテンポで一緒に弾いて、所々弾き難いところでは先生がポジションを考えてくれて、楽譜に「指番号」まで書いていただきました。

本番できちっと弾けるのは6割くらいかと思っていましたが、今夜のレッスンで大分弾けそうだと思えるようになりました。先生に弾き方を見て戴いて、弾きやすいポジションを教えてもらいました。
これを元に、後3週間さらいまくって本番では「8割は弾けた」にまで持っていきますよぉ~!(宣言!)
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時54分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)
<<シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳からのお誘い | ブログトップ | TAJ会報 2006 No.1>>

コメント

レッスン

ひでさん、こんばんは。
レッスンでオケの曲を先生と一緒にさらえるのってすごく良いですね。
効率も良いし、練習にもなるし。
私も自分の先生に提案してみようかな・・・

楽譜、音符がとても見慣れた感じです・・・
やっぱりマーラーですね(笑)
posted by MAI URL at 2006年10月05日 23時28分 [編集]

あと1回!

MAIさん、こんばんは。

今回は先生に「エキストラ」を引き受けて戴いたお陰で、同じ曲を弾く事になりました。
先生が忙しくてあまりオケ練に出られないので、その申し送りをお伝えしながらいっしょに曲をさらっている感じです。

来年以降でも、発表会などに影響を及ぼさない範囲で「オケ曲レッスン」やってもらおうかと目論んでいます。(笑)

>楽譜、音符がとても見慣れた感じです・・・
作曲家の特長って、楽譜を見ただけでも感じますね。それにしても、マーラーは細かい要求が多すぎです!
posted by ひで URL at 2006年10月05日 23時51分 [編集]

オケ曲レッスン!

私、オケに入ったらそれ一色のレッスンになるかも、です!
極端な人だからなあ~~(^^;;

というかー
楽譜持って行って、
「指番号入れといてクダサイ!」とか言いそう、、

それにしても、楽譜が凄いですね、、かすみ目○眼の私にはとても読めそうにありません~、、しかもこれを8割!

これはいよいよ本番が楽しみですね~~ v-39
posted by nobara URL at 2006年10月08日 16時04分 [編集]

あくまで「願望」です!

>「指番号入れといてクダサイ!」
良い考えですね。一人で散々考えてもどれが良いのか決断できず先生にお聴きすると実にあっけなく決めてくれます。それが一番弾きやすいから流石です。

発表会の前にも、所々でアドバイスを貰っていれば今ごろもう少し弾けてたかなとちょっと後悔しています。

>しかもこれを8割!
8割はあくまでも願望ですので、実際それほどは弾けないかも知れません。
でも、今日の練習が終わって残すところ全体練習は2回のみ。出来不出来はどうなる事やら判りませんが、今の自分で出来る精一杯の音を奏でたいと思います。v-266
posted by ひで URL at 2006年10月08日 21時29分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索