FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年10月 16日 (月)

 ポジション変更!

DVC00826.jpg
昨日の練習(ヴィオラの先生に見ていただいた弦セクション練)で1楽章半ばの練習番号⑱の直前です。

1st.Vn.はdiv.で表(上)が4拍弾いた後に裏(下)が6拍続ける処です。1ポジで弾いていたら「移弦が多くてバタバタしてますねぇ~!ポジションを考え直した方が良さそうです」と指摘されました。

それで考え直したのがこの指使いです。これで大分滑らかに弾けそうな気がします。
でもエキストラをお願いした先生と一緒にさらった時に、先生は1ポジで普通にスラスラと弾いていました。
右手が上手に使えるって大事だなって思った次第です。

私の先生は移弦が得意な様子で、オケのコンマスがポジション移動して右手が同じ弦で弾けるように弾いている処でも大体は1ポジで軽々と弾いていました。

どちらでも滑らかに弾ける様になりたいものです。

今夜は18:30過ぎに帰宅できたのでこの部分を中心にさらいましたが、そろそろTVで「のだめ」が始まるのでここらでお開き。ささっと風呂に漬かって、あとは「のだめ」を観る事にします。
スポンサーサイト



posted by ひで at 20時50分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)
<<10月3回目のオケ練習 | ブログトップ | 「琵琶の長寿」純米吟醸 氷清原酒>>

コメント

うう、、

弾き方も、自分で考えないといけないんですね、、
私、レッスンでは、先生が最初に指使いも弓順も書き込んで下さるので、それをただ弾いている状態です。
人によってポジションが違うなんて知らなかった~~
今から考えるくせをつけておこう、、
でも最初はトップの方にご相談すればいいのですよね??

ひでさんの日記を読んでいると、何となく様子がわかってココロの準備が出来ます♪

あと一息、練習頑張ってください!
posted by nobara URL at 2006年10月17日 09時37分 [編集]

楽団によって色々ですが・・・

弓順は必ず合わせるのでどこの楽団でも間違いなく指示が有ります。

左手のポジションについては、色々ですね。

最初に参加した楽団はプロのトレーナーの先生がコンミスも兼ねていましたので、指使いまで指示がされました。

次に参加したところは常設ではなく、演奏会が決まるとその都度メンバーを募る楽団でしたので、誰がトップやら決まらず弓順だけは皆で考えて決めましたけど、左手の指使いはてんでんバラバラでした。
まぁ、場所によっては指揮者からsul Dとかsul G位の指定は有りましたけど。

その次は、エキストラで乗ったのですが此処もボウイング以外は各自好きなように弾いてましたね。

次に参加したところは、最初と同様にトレーナーの先生がコンミスでしたので弓順、指使いが細かく書かれた譜面が配られてました。

今回は、弓順や振り分けなんかの指示はWeb上の団員専用ページで見られる様になっています。
指使いに関しては特に指示はありません。使用する弦を特定するsul G等は有りますけど。
基本的に色々なポジションで弾くのが、混ざり合うのが「オーケストラ」だって云う考えが有る様です。
ただ、コンマスやパートトップが「自分はこの様に弾いてますが・・・」って云うことは有ります。

参考にならなくてすみません。
posted by ひで URL at 2006年10月17日 11時42分 [編集]

なるほどー

団によって色々な事情や考え方があるのですね~
でも私のオケ入りについては先生に少し面倒みて頂けそうで(ていうか、たぶん野放しにしたら教室のメイヨにかかわるっていう感じ??^^;)、たぶん何とかなると思うのですが、、、
いつまでもおんぶにだっこではなく、自立していきたいと思っていますけど、、。

>混ざり合うのが「オーケストラ」
うちの先生も、そんなこと仰ってましたよ~

いろいろ教えて下さってありがとうございます、先輩!!! v-37
posted by nobara URL at 2006年10月17日 18時49分 [編集]

慣れることが一番ですね。

楽団を変わって一番戸惑うのは、指揮者によって振り方が違う事ですかね。

自分では指揮者が「止めた」と思うところが続いているってのがよくあります。なれている周りの人たちはその指揮者の癖を知っていて弾き続けているのに自分だけ止まっているなんて事が度々有ります。

それから、コンマスによっても「アインザッツ」の出し方が違うので戸惑う事も有りますね。

何事も慣れることが先決のようです。(笑)

良い処にめぐり合えますように!
posted by ひで URL at 2006年10月17日 21時45分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索