FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年10月 23日 (月)

 新日本フィルハーモニー管弦楽団第407回定期演奏会

クリスティアン・アルミンクの指揮で武満徹:グリーン、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(Pf:伊藤恵)、マーラー:交響曲第1番。(サントリーホールにて)
参りました!自分達の1ヶ月前の録音を聴いたばかりだったので、恐れ入りました。今は余韻に浸って帰宅する途中です。

指揮者アルミンクは1971年オーストリア産まれの若きイケメン。
ピアノの伊藤恵さんに至っては演奏後の手にキスをされてオロオロしてました。
武満、ガーシュインは早くマーラーが聴きたくて待っていましたので上の空でしたが。(笑)

休憩の後は待ちに待った「マーラー1番」。
1楽章は少しゆっくり目のテンポ(我々と同じくらい?)でしたが、我々と大きく違うのはそれが冗長にならない事か。
2楽章は金管に少しミスが有りましたが、木管は大変美しく謡っていました。
3楽章のコントラバスのソロはとっても素晴らしい演奏でした。
4楽章も熱のこもった演奏で、金管が咆哮している中でも弦がしっかり聴こえてきました。素晴らしい!
全体的に弦の響きが素晴らしい演奏でした。

自分たちの演奏の下手さ加減を思い知らされました。(笑)

今日は忌まわしき「中越地震」から2年が経ちました。復興の願いを込めて昨年から朝日酒造が「久保田の日」と命名した日でもあります。帰宅したら聴いたばかりの「マーラー」を思い浮かべて冷蔵庫の「久保田・紅寿」を呑んで見よう。
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時25分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)
<<本番前最後のオケ練習 | ブログトップ | 「久保田」紅寿>>

コメント

アルミンクさん~!!

わーい♪大好きです、アルミンクさんe-266
あの華やかな雰囲気ととっても楽しそうな指揮っぷりが、のだめに出てくるジャンを思い出させるので、わたしと妹の間では、「ジャン」ってあだ名なんですけど(*^m^*)
彼はマーラーは得意みたいですね。
実はワタクシ、一緒に写真とってもらったことあります…v-398
posted by きらら URL at 2006年10月25日 12時49分 [編集]

白王子?

「ジャン」といえば「白王子」でしたよね。

>一緒に写真とってもらったことあります
先日も演奏会のあとでCDを買った人に「サイン」をしていました。
私は何も買わなかったけれど「握手」してもらいましたよ!(笑)

やっぱり「イケメン」は若い女性に人気が有るようですね。

私の母は、「昔のイケメン=リッカルド・ムーティ」のファンです。(爆)
posted by ひで URL at 2006年10月25日 20時23分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索