FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年11月 06日 (月)

 「楽隊のうさぎ」中沢けい 著

P100007000.jpg
買ったまま「積読」だった一冊を読みました。新潮文庫、514円(税別)。

引っ込み思案の中学生の男の子が、ひょんな事から「吹奏楽部」に入部して打楽器を担当し全国大会を目指すようになると云う物語。

音源を聴きながらスコアやパート譜を眺めなくても良い余裕が出来ましたので、今朝出がけに持って出ました。
管弦楽でもそうですが打楽器というのは出番は目立ちますが、出番が少ないのが常。
実際に中学校の吹奏楽で打楽器を担当している子供達は楽しく読める本ではないかな?って感じます。

ちょうど帰宅したら、新潮文庫の帯から「Yonda?」マークを2冊分郵送するともらえる「パンダ」の小さな縫い包みが届いてました。可愛いでしょ?(笑)

スポンサーサイト



posted by ひで at 23時09分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<フィンランディアを練習! | ブログトップ | 「菊水」五郎八 にごり酒>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索