FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年11月 23日 (木)

 東村山交響楽団第24回定期演奏会

P100008700.jpg
blogのお客様「nao」さんの所属するオケの演奏会を聴いてきました。

ベートーヴェン/交響曲第4番変ロ長調 作品60
ブラームス/交響曲第3番へ長調 作品90

指揮:大塚 正昭
演奏:東村山交響楽団

東大和ハミングホール、14:00開演。

この演奏会場は初めてです。座席数700ほどで1スロープの中規模ホール。音響は可も無く不可も無くか?
自宅からバスと電車を乗り継いで片道30分ほどです。

演奏される機会が少ないベト4、久しぶりに生演奏で聴きました。とっても難しそうで、その割には派手さが無いので聴かせるのが大変そうです。
辛口なコメントをさせていただくと、Vn.の低音弦のハイポジの音程がちょっと?
全体的には良くまとまった演奏でした。

ブラ3は最近では「のだめ」のドラマでよく流れるので断片的には聴いた事のある方は多いでしょう。
あの有名な3楽章の旋律の出だし、Vc.の音程が気になりました。
弦楽器のエキストラ比率が高いので、普段の練習では大変そうだなと思って聴いていました。(Va.とCb.は団員が各1名ずつ)

ビックリしたのは、うちのオケのTp(マーラーでの1番Tpの方)がこちらで2番を吹いていた事。それから、Va.にうちのオケでもエキストラをお願いした方がこちらでもエキストラで参加されていました。
世間は狭い物です。

アンコールは用意していないとの事で、拍手に応えて「ブラ3」2楽章の後半をもう一度演奏し、16:00前にお開き。お疲れ様でした。

次回は「第九」だそうです。「第九」のみの「特別団員」を募集するとの事で参加したい気はしますが、今のオケと練習時間が重なりそうなので無理かな?。
スポンサーサイト



posted by ひで at 18時24分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)
<<「朝日山」のお知らせ | ブログトップ | 「月の桂」にごり酒 純米酒>>

コメント

有難うございました

今日は聴きに来て頂いたみたいで、有難うございました。
綺麗な可愛い花束も。
最初誰かなぁ?? って分からなかったのですが、多分ひでさんだろう、と。
私の名前よく分かりましたね。

低音部のハイポジ、4楽章のあそこですね。
ハイポジっていったって、5?lくらいですよね。
うーん、まぁ、市民オケレベルだから。
自分たちが満足して、お客様が少しでも楽しんでいただけたら、それだけで嬉しい 団なのです。
だから、未就学児も○。今日は静かだったけど。

Tpの彼? うちの正団員なはずなのに、この一年で練習来たの、2・3回よ。上手なんだけどね。

アマオケは狭いですね、本当に。
posted by nao URL at 2006年11月23日 22時57分 [編集]

ブラボー!

演奏会お疲れ様でした!

行きがけに「国●寺駅」構内で「蕾が多いミニブーケ」を見かけましたので買ってみました。

難しい曲を二つと云う珍しいプログラムを演奏し終えた皆様に「ブラボー!」です。

直前まで仕事の予定でしたので「チケット」取りおきをお願いするのは憚られていました。
当日になって休める事になったので「当日券」を買って入場しました。

Tpの方は多分「マラ1」にかけていたんでしょうね。
彼は前中は降り番だったので合間にそちらに練習へ行ったのかと思ってましたが・・・。

でも、そちらの練習日はこちらとほぼ一緒ですから本来は両立は無理ですね。

未就学児OKはいいと思いますが、いつでも会場に入れてしまうのは考えもの?
うちのオケの演奏会では遅れてきた人は「楽章の合間」にしか会場に入れません。

途中で入ってきて「小さな鈴」の音がするキーホルダーをつけた人とか、コンビニ袋を「ガサガサ」させながら入ってくる人とかいて、許し難い気はしました。
posted by ひで URL at 2006年11月24日 22時29分 [編集]

あらまぁ、失礼しました

途中で入ってくる人がいたのですね。
気づきませんでした。
意見しておきますね。
ホールに係りの人はいるのかしら? いなければ団員で降り番の人とかにやってもらうのでしょうかね。
posted by Lilliput@管理人 URL at 2006年11月25日 22時05分 [編集]

難しい問題ですね。

Lilliputさん、こんばんは。

前回は子供の泣き声が聴こえましたけど、今回はそれが無かっただけ良しとしましょう。
でも、客席の後ろの方では聴き飽きた小学生くらいの子供達が客席間の階段を走り回っていました。
これは連れて来た「親」の品位を疑う物ですね。

門戸を広くして子供達にも聴ける様にするのは良いことだけど、真剣に音楽を聴きたい人には「迷惑」と感じる人も居そうですね。

主催者側が「未就学児入場可」と云っても、騒いでも良いという訳では無いと「子供を連れた親」に常識的に考えて貰いたいものです。
posted by ひで URL at 2006年11月26日 20時49分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<06月 | 2020年07月 | 08月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索