FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年11月 28日 (火)

 「白霞」純米酒 にごり酒

DVC00003.jpg
福島のお酒試飲シリーズ再びの続きです。醸造用アルコールが添加されない「純米」のにごり酒。アルコール度:15.7%、日本酒度:+1.0度、酸度:1.5度。会津酒造米を特別な技法を用いて仕上げた純米にごり酒だそうです。(「しらがすみ」と読むのかと思ったら「しろかすみ」と云う様です。)
このお酒の醸造元の小原酒造は「モーツアルトの曲を聴かせて醸した」お酒、「蔵酔(クラシック)」で知られた蔵です。

日本酒度+1と云う事で、一口呑んだ時には「なるほどにごり酒にしては珍しく辛口」と感じましたが、ゆっくり口に含むとほのかに甘味を感じます。

この瓶は300mlですが720mlで1,000円だそうです。(蔵元のサイトによると)

★★★(サッパリした呑み口にほのかに甘味を感じる珍しい味わいでした)


スポンサーサイト



posted by ひで at 20時27分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<「天寶一」魂の清吟 | ブログトップ | 「賀茂緑」にごり酒>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索