FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年09月 20日 (火)

 オーケストラアンサンブル金沢・東京公演

私にしては珍しくかなり前から前売りのチケットを購入していた演奏会です。会場は仕事帰りに一番便利な「東京オペラシティ」です。
本来は「岩城宏之」氏、指揮のはずでしたが病気の為「井上道義」氏に変更となりました。
050920_bill_big.jpg

指揮:井上道義
ソプラノ:森 麻季
曲目
モーツァルト:交響曲第35番ニ長調K.385「ハフナー」
ヘンデル:オンブラ・マイ・フ
J.S.バッハ~グノー:アヴェ・マリア
モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」K.165
モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」

岩城さんの指揮で聴きたくて買ったチケットでしたが井上さんもとても良かったです。
終演後、地元まで帰ってきて近所の小料理屋さんでちょっと一杯呑んで帰還しました。
モーツァルトの交響曲はこれくらいの小編成がぴったりだと思います。
緻密なアンサンブルに酔いしれる演奏でした。

モーツァルトの交響曲で満足する演奏を聴けたのは1999年のムーティ・ウィーンフィルで聴いた「リンツ」「40番」以来。

森さんのソプラノも素敵でした。
曲目はオペラシティArts友の会会員による投票によって選ばれたそうです。

井上さんの結婚式の仲人が岩城さん夫妻だったとの事で、仲人さんへの恩返しといったところでしょうか。

8月に腫瘍が見つかり手術を受けられた岩城さんですがご本人は来月には復帰するつもりらしいです。是非また元気な姿を見せて欲しい物です。

この演奏会の途中、ちょっとした地震が有りました。感じない人もいる程度でしたが後で聞いたら震度2だったとか。この前東京フィルのコンサートのときはもっと揺れましたが、私がここへ来ると何故か地震がやってきます。

アンコールは六甲おろし。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時38分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)
<<「越の誉」特別純米・冷やおろし | ブログトップ | 第46期王位戦七番勝負第7局>>

コメント

ひでさん、こんにちは。
以前、オペラシティのホールで普通にお客さんにまじっている岩城氏をお見かけしました。
おしゃれなおじいちゃんといった感じでしたが、ご病気とはちょっと心配です。

コンサートの感想、楽しみにしています(^^)
posted by ちるるん。 URL at 2005年09月21日 10時53分 [編集]

ちるるん。さんこんばんは。
岩城さんの元気な姿がみたいですね。
良い言葉が見つからずたいした感想が書けて
いません。
なにか思いついたら書き足そうかと思っていますが。
posted by ひで URL at 2005年09月21日 23時39分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索