FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年04月 18日 (水)

 今期44日目「火打山ツアー」

Dvc01024.jpg
昨夜は標高約2,105mの高谷池ヒュッテに泊まりました。

Dvc01004.jpg
火打山へ登り、滑りを堪能します。

P1000004011.jpg
ヒュッテから望む火打山。標高2,462m。

Dvc01006.jpg
噴煙を上げる焼山、標高2,400.3m。

Dvc01007.jpg
北アルプスの峰々。
Dvc01025.jpg
8:15頃登頂を開始、9:40頃に小休止。

Dvc01026.jpg
10時少し前に雷鳥平へ到着、雲海の先に日本海。

Dvc01011.jpg
10:40頃に山頂に到着しました。

Dvc01012.jpg
こちらは焼山をバックに。

Dvc01027.jpg
11:00過ぎに滑走開始、北田さんの華麗な滑り。

Dvc01028.jpg
クネクネ滑りのジャックさん。

Dvc01029.jpg
細板ステップソール&革靴の旦那。

Dvc01030.jpg
荒山さんも果敢に攻めます。

hiuchi12.jpg
転倒直後、体中雪まみれの私。

Dvc01031.jpg
最後に決めるのは矢野さん。

12:40頃にヒュッテへ戻り、荷物をまとめて昼食を摂り下山です。
茶臼山へトラバースぎみに歩き黒沢池まで滑走。

Dvc01032.jpg
重い荷物を背負って滑るC女史。

黒沢の源頭からトラバースして富士見平下で夏道へ。木々の間を滑り、「ババ返し」は板を外してツボ足で下降。但し、ジャックさんだけは「板を外すのは敗北である」と云いながら滑り降りました。

黒沢に架かる橋を渡った処で小休止、最後は緩斜面を滑り降り17時過ぎに駐車場へ戻りました。
最後に皆で集まり「お疲れ様でした!」
体力的にはかなり大変でしたがとっても楽しい二日間でした。スタッフの皆さん、ご一緒したメンバーの皆さんに感謝です。

杉の沢の温泉に寄ると云う皆さんと駐車場でお別れし、1時間半ほどで19:20に志賀高原横手山に到着。
山本荘さんにお世話になりました。お風呂に入ってから美味しい夕食です。
P1000006011.jpg
スポンサーサイト



posted by ひで at 06時54分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<今期43日目「火打山ツアー」 | ブログトップ | 今期45日目「志賀高原スキー場」>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<06月 | 2020年07月 | 08月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索