FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年07月 22日 (日)

 7月最初で最後のオケ練習

2週間前が合宿でしたのでオケとしては今月2回目の練習ですが、私個人としては練習を休んで青森まで釣りに行ってきましたので今月は今日だけがオケの練習です。

朝早い時間まで雨が降っていたので雨上がりで蒸し暑い中での練習でした。

今日はセクションごとに分かれた練習で、我々「弦楽器」はメイン曲の「チャイ5」の3、4楽章。

オケの練習が始まるより前からパート譜を出版譜で手に入れ、ヴァイオリンのレッスンで予習をしてい筈でしたが最近はVa.を弾く事が多くてせっかく指番号を書いた譜面も役に立ちませんでした。

初見に戻った様な情ない状況で何とか練習をこなしましたが、ポジション移動をすると半音から全音くらい高くなってしまうのはVa.に慣れたせいか?

4楽章の練習の頃には何とか音程を合わせられる様になりましたが、ハイポジションでは指が絡まって転げまくりでした。

全体ミーティングの後、今日の練習後半はヴィオラの先生をお迎えしての弦パートの「トレーナー」練習。

はじめに「フィンランディア」を少々。短い練習時間でしたが、「刻み」も状況を考えて弾きなさいとのこと。
「ガリガリ」弾くとかえってffは出ませんよぉ~!だそうです。

ソロのヴィオラでも大きく弾こうとしすぎて、逆に音が響かなくなっている事も有りそうなのでこれは要注意です。

小休憩の後は本日メイン(演奏会でもメイン)の「チャイ5」の1、2楽章の練習です。

私の1st.Vn.は1楽章の冒頭は27小節間休符なので出番が中々回って来ません。

ようやく出番が回ってきた所では「シンコペーション」のリズムをしっかりととのお達し。
中盤からの掛け合いのところでは、周りをしっかり聴いて自分の出番はしっかり出なさい!

そのほかも色々と見て戴いたのですが、今日の練習場は冷房が効かないで窓を開け放しで外からは「蚊」が頻繁に登場して目の前の「蚊」を撃墜する事に気をとられて最後の方は練習どころでは有りませんでした。

次回は忘れずに「虫除けスプレー」を持って行くことにします。

今日は「蚊」が言訳になりましたけど、5時間も練習を続けると集中力が途切れるのも確かです。
冷房無しで、練習場が蒸し暑かったのも集中力を欠いた理由かも知れません。ただ、日によっては冷房が効きすぎて寒いくらいの事もたまに有ります。

まぁ、私個人の気持ちとしては寒いくらい冷房が効いているよりは暑くて汗が滴る方が健康的だと思いますので好きですが・・・。
スポンサーサイト



posted by ひで at 21時51分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<「〆張鶴」本醸造 月 | ブログトップ | 「上亀元」純米吟醸 亀の尾>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<07月 | 2020年08月 | 09月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索