FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年07月 29日 (日)

 弦楽合奏の練習

今日は音楽教室での発表会で弦楽合奏をやる事になったのでその為の練習です。

昨年までは「ヴァイオリン」を3部くらいに分けて先生がピアノ伴奏をする様なアンサンブルでしたので、わたくしは参加したくないと思いまして不参加が2年ほど続いていました。

ところが今回はチェロを弾いてくださる方がお一人いらっしゃるので(一昨年も参加されていましたが)わたくしがヴィオラを弾くときちんとした4声部の合奏になると云われて参加する事にした次第です。

ヴァイオリンの先生にお世話になっている生徒ばかりなのでチェロのお一方を除けば当然皆さんはヴァイオリンです。
ヴィオラを弾くような変わり者は私しかいませんので本番は先生がヴィオラを弾いてくださる予定です。

一緒に弾く皆さんとお会いしたのは3月の「呑み会」以来でしたが、久しぶりに参加する私を皆さんは暖かく迎えて下さいました。

それ以上に私が「ヴィオラ」を弾く事に対して「ひでさんがヴィオラを弾いてくれるので本格的な弦楽合奏になりそうで楽しみぃ~!」なんて云われると何だか嬉しいです。

さて、練習はといいますとなかなか縦の線が合わずにやり直しの繰り返し。

パート内で音がというよりお互いのリズム感が合っていないので他のパートと合わないのですね。たぶん・・・。

それでも何回か合わせていくうちに大分合ってきました。時々休みを(長い休符)を数え違えて間違った音を出してしまいまして「ごめんなさい!」

チェロを弾くおじ様は、以前この仲間と一緒にヴァイオリンを習っていた方ですが今はちょっと遠くに隠居されてしまいました。

チェロの御大がお出でになった後からは本格的に「合わせる」練習のつもりでしたが、まだまだそこまで皆さんが出来ていないようで「チェロ」が有るとテンポがとり易いってな感じでしたかな?

今日は久しぶりに「音楽教室の仲間で合奏をしたい」人たちにお会いしましたけど、私の個人的な気持ちとしては、この方々は何処かの「アマ桶」にでも入ればもっと楽しめるのになぁ~?

(少人数でやる弦楽合奏より「アマオケ」は楽だよなぁ~!)と思うわたくしの独り言。
スポンサーサイト



posted by ひで at 21時40分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<今日はヴァイオリン | ブログトップ | チェロ不参加で危機、その後解決。>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索