FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年09月 04日 (火)

 「巌瀬」純米吟醸

DVC01191.jpg
720mlで1,365円。仕込み水:日本の名水百選黒部川湧水郡岩瀬家の清水(蔵内自噴水)、仕込水硬度:480(硬水)、原料米:山田錦100%、精米歩合:50%、アルコール度:15度以上16度未満、日本酒度:+4、酸度:1.5、造り手:桑原敏明(越後)他蔵人7名。

杜氏さんの名前を大々的に詠うのではなく「皆で造ったお酒」と云いたいのだと思います。

香りがほんのり漂う「香り吟醸」ってな感じでしょうか?味わいはほんのり「甘め」でした。

今日は新しい職場で、この企業が普段からお世話になっている納入先(富山県)へ「見学」に行かせて戴きました。

今までのわたくしの仕事は「完成品」を造るところでの営業活動でしたが、新しい仕事は「素材」を売るものです。
自分達が納入した「素材」がどのような「完成品」になるかを見てくる事が今日の「仕事」でした。

「完成品」を売る仕事では、製造現場で数ヶ月の研修と云うことが有りましたが、今回の勤め先の様な所謂「商社」では現場研修と云うのは有り得ません。
お陰で、最初から方々へ「物見胡散」の様な「旅」をさせて戴いて居ります。

一人で日帰り出張。往復6時間半の列車内、お陰様で「第九」オケのパート譜に「ボウイング」の書き込みが出来ました。(笑)

帰りの現地発が16時ころでしたので、半年前の勤め先なら当然「直帰」で帰路の列車内では「ビールでプハァ~!」ですが、なんせまだまだ「試用期間中」なもので自重しました。その代わりに「帰ってから呑もう」と思って1本買ってきたのは以前と変わり有りませんでしたが・・・。
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時19分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)
<<「福壽」超特選 純米酒 | ブログトップ | 今夜はウ゛ァイオリンを少しだけ>>

コメント

出張お疲れさまでした~

電車の中って、いろいろはかどるんですよね。(笑)
私はふだん、通勤もオケやレッスンも車なので、CDをかけて「脳内演奏」するくらいが関の山ですが、、。

そうだ、第九のCDですが、うちにはフルトヴェングラー1つだったので、聴き比べをしたくなって、私も小澤征爾さん買ってみました。
錚々たるメンバーですね~~~
posted by nobara URL at 2007年09月05日 21時36分 [編集]

恐るべし、サイトウキネン

ソリストやコンマスやら、どこぞの教授さん等々、あのオケは年に一回だけの特別な団体ですね。

普通の勤め人は出張時には「仕事の資料」なんかを眺めているのをよく見かけます。

私は「遊び人」ですのでここぞとばかり「スコア」やら「パート譜」を広げます。(笑)

最近は通勤が短くなり過ぎて、通勤での往き帰りでは楽譜を眺める時間が有りません。
玄関を出る時に「B9」を始めても3楽章の途中で職場に到着してしまいます。(贅沢な悩みですが・・・)

そうそう、「市ヶ谷」は何となく苦手なので宜しければ「飯田橋」でお願い致します。(爆)
posted by ひで URL at 2007年09月06日 20時59分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索